ハイボルト|体の不調でお困りの方で、整体をお探しなら、豊富なメニューで適切な施術が受けられる、京都府舞鶴市のにしかわ鍼灸整骨院にお任せください。

京都府舞鶴市で整体なら、にしかわ鍼灸整骨院へ

「上四丁目」 バス停下車すぐ

営業
時間
8:30~12:00 / 15:30~19:30
定休日:日・祝 ※木・土は午前のみ

0773641881

ハイボルト

ハイボルト療法について

ハイボルト療法について

ハイボルト療法とは、150Vを超える電気刺激を体の奥深い部分にピンポイントでアプローチすることで、非常に高い鎮痛効果と即効性が期待できます。
捻挫や肉離れなどの急性的な怪我、寝ちがえ、ぎっくり腰はもちろん、肩こり、腰痛など長年悩まされている症状にも効果的です。
当院では、羽田野式ハイボルト療法という、横綱やトップアスリートなども受けている特殊な方法で行い、「どこに行っても良くならなかった」という患者様が、このハイボルト療法で改善するなど数多くの症例があります。

ハイボルト療法3つの効果

①痛みを取る

①痛みを取る

慢性の腰痛やぎっくり腰、寝違い、坐骨神経痛、膝の痛みなど、痛み止めを飲んでも改善されない痛み、長年苦しんでいる痛みなど、ハイボルトはそのような痛みをその場で半減させることができます。痛みを取るだけではなく、今まで動かなかった筋肉が動くようになったり、関節の可動域が広がります。とにかく今の痛みを早く取りたいなどのお悩みに効果バツグンです。

②炎症を抑える

②炎症を抑える

急性の捻挫や肉離れなどの怪我は患部に炎症が起きます。
病院に行くとレントゲンを撮って異常がなければ湿布をもらって終わりになる場合が多いですが、ハイボルトを使えば、炎症を抑える効果はもちろん、切れた靭帯をその場で修復することが出来ます。
また、肉離れも同様で後遺症が最小限で済みます。
つまり捻挫や肉離れなどの怪我の治療もハイボルトが最も効果的で、早期にスポーツやお仕事への復帰が期待できます。

③どこが悪いか検査できる

③どこが悪いか検査できる

レントゲンやMRIに映らない筋肉、骨格、末梢神経の状態を検査することが出来ます。
病院でレントゲンやMRIなどの検査をして、異常なしと言われたけど、それでも痛いと言われる方は多く見られます。
そのような画像で映らない部分を電気を当てて検査してくれるのがハイボルトなんです。

このような症状の方にオススメ

  • 捻挫(指、足首、手首など)
  • 打撲
  • 肉離れ
  • 寝ちがえ
  • ムチ打ち
  • ぎっくり腰
  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 慢性腰痛
  • 坐骨神経痛
  • しびれ
  • 肩コリ
  • 偏頭痛
  • 顎の痛み
  • 首の痛み
  • 五十肩
  • 手首の腱鞘炎
  • オスグッド
  • シンスプリント
  • 鵞足炎
  • 成長期の膝やかかとの痛み
  • テニス肘
  • 野球肘 野球肩
  • ひざの靭帯の怪我

その他電気治療

超音波治療

超音波治療では、1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度のミクロマッサージで、深部また浅部に直接刺激を与えます。
温熱作用により超音波が到達している範囲を立体的に温めます。血行促進、筋緊張緩和、損傷組織の治癒促進、痛みの緩和などの効果があります。
ハイボルトと組み合わせて施術することでより良い効果が得られます。

マイクロカレント療法(MCR)

組織修復に重要な役割を果たしている損傷電流と同レベルの微弱な電流を流すことで、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進します。一般的に、最大電流が1mAを超えない極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がないので、ハイボルトが苦手な方でも安心して受けられます。
打撲などの内出血や怪我により細胞が破壊されている部分の修復に最適です。

ハイボルトと組み合わせて施術することでより良い効果が得られます。

低周波治療

低周波で皮膚の下の3~5mm付近を刺激し、動かすことで血流改善、痛みの緩和、筋緊張を緩める効果があります。

料金

ハイボルト ~2,500円